「仕事デザイン」の研究
後工程満足の開発

HOME (仕事革新)  ■製品革新   ■プロセス革新  ■技術革新  共創のススメ


仕事デザイン道場   機能発想による開発  ■技術資料室  ■代表者プロフィール  ■活動ネットワーク 

    


後工程満足の開発のススメ

研究者や開発者が「製造を知らない」と、新技術を工程に押し込むことになる。その結果、新製品の立ち上げと工程の安定化に時間がかかる。

それらを回避するためには、技術と製品設計が後工程につながり易い開発、つまり「後工程満足の開発」を行うべきなのです。

1)製造が標準化され、製造と設計の標準と連動すること
2)技術や条件の変更点が開発評価にあらかじめ反映されること
3)量産前の流動管理で変更の影響効果が確認できること
4)変更の効果を瞬時に検証できるようにすること


など、仕事のデザインによって「仕事の仕組み」を変えることによって、前工程が後工程へ上手くつながります。

後工程満足は、前工程が後工程の課題を知って、プル型開発を行い、技術が引き取られ易いようにします。





【後工程に繋がる開発の考え方/やり方:製品/プロセスの機能展開のススメ】


1.製品をシステムとして捉え、機能展開を行う。

2.サブシステムの機能と機能の繋がりを検証する。

3.変えてよいこと、変えていけないことを吟味する。

4.サブシステムの機能定義(入力と出力の定義)を行う。
     ・・・誰のどんな使い勝手かを考え、出力を定義する。
   ・・・誰のどんな使い勝手かを考え、入力を定義する。
   ・・・改善効果を評価するため、入力と出力を計測可能にする。


システムや装置のみならず手作業も機能で表現できる!




ページ先頭へ戻る→    トップページへ戻る→