「仕事デザイン」の研究
技術の三方よし:M-trinity Engineering

HOME (仕事革新)  ■製品革新   ■プロセス革新  ■技術革新  共創のススメ


仕事デザイン道場   機能発想による開発  ■技術資料室  ■代表者プロフィール  ■活動ネットワーク

   


ービジネスの三方よしは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」

ー技術の三方よしは、「材料よし、設計よし、製造よし」

ーゆえに、ビジネスの三方よしは、「技術よし、製品よし、プロセスよし」の仕事デザインとも言えます。


技術の三方よしは、M-trinity Engineering」で実現します。

ーM
aterial-Manner-Machineを調和して、独創/汎用の機能開発を行います。

ー3つのMを調和する技術を「
M-trinity Engineering」と呼び、機能創出の基本コンセプトとなります。


     
・・・「技術の革新」のページに詳述

◆顧客満足(製品)と経営満足(プロセス)を両立する開発、モノづくり体質化の基礎となります。

     ・・・「製品の革新」「プロセスの革新」のページに詳述

◆技術の三方よしが、イノベーションを起こす駆動力になります。

P.F.ドラッカーは、「イノベーションは、継続改良の賜物、製品が普及した状態をいう」と述べています。

モノづくり体質化され、新製品が次々と生まれて初めて、イノベーションが生まれます。その駆動力が技術の三方よしと言えます。



機能目線で仕事革新

    製品の味付けで顧客満足

    プロセスに経営満足を積み込む




「売り手よし、買い手よし、世間よし」の仕事デザイン



「技術よし、製品よし、プロセスよし」の仕事デザインで経営満足



ページ先頭へ戻る→    トップページへ戻る→


.