「仕事デザイン」の研究
共創のススメ
 多様な協働プロジェクトをデザインする              

HOME (仕事革新)  ■製品革新   ■プロセス革新  ■技術革新  共創のススメ


仕事デザイン道場   機能発想による開発  ■技術資料室  ■代表者プロフィール  ■活動ネットワーク
    

■共創のススメ:多様な協働プロジェクトにより、独自製品を創る


<企業1社では、事実上、製品開発はできない> そこで、共創!

・企業では、外部から技術(材料や部品)を調達します。
・技術開発によって Material/Manner/Machineを調和させ、新製品を開発している。
・製品は多技術で構成される(多技術製品という)。
・そのため、産業も、産学連携も、協働開発が行われる。

 
サプライチェーンの上流―下流を繋ぐ共創は、多階層に製品と付加価値をを生み出す




・協働の仕方は、企業の立ち位置と欲しい技術が多様なことから、多様な形態になる。

・協働における個々の参加企業の役割も異なる。役割の明確化とと相互認識が必要。




 ■オープン開発の進展と円滑な技術移転


・多技術製品のオープン開発では、大学と複数企業が協働する。

・技術を自己実施する力がないと停滞が起きる。

・特許が絡むと権利が輻輳する。



産学連携の協働体制と技術引取りの特徴

・本来のオープン開発は、サプライチェーンでの面的な実施・付加価値の増大する。


・オープン開発の後工程は事業における販路となる
・現実には、多くの企業が最終製品を作りたがる。
・企業の立ち位置の相互認識がWin-Win形成の素になる。



■プロジェクトマネジメントの重要性

・産学連携では、ロングラン開発になり易い。

・アーリーステージから技術移転まで、中長期のマネジメントが必要である。




ロングランの開発において、技術移転を円滑にするためのマネジメント

・特許が、囲い込まれ、塩漬けになったりすると、共創の妨げになる。

・企業ポジションの差異(最終製品を担う企業とサプライチェーンの中間位置)によって、期待役割と権利保有の輻輳が起きる。

・オープン開発に適する共同研究契約で、参画者の参加目的ー役割、多階層製品化の事業目論見を予めを統合したい。




■共同契約と知財マネジメントの研究

日本ライセンス協会 産官学連携活用WGにおける活動

ー「協働における企業と大学の認識差を埋める共同研究契約」の在り方

ーライセンスを円滑にする「契約と知財の一体マネジメント」

ー大学発ベンチャーの育成

などを研究している。


  オープン開発のための共同研究契約の研究資料・・・産官学連携活用WG成果報告7.2節_lecpaper16.pdf クリックすると開きます。

      〜企業と大学のWin-Winの共同研究契約とプロジェクトマネジメント〜


  技術資料室・・・ オープン開発・共創の事例を「技術資料室」に掲げています



     ページ先頭へ戻る→    トップページへ戻る→