「仕事デザイン」の研究
 製品を革新する仕事デザイン

HOME (仕事革新)  ■製品革新   ■プロセス革新  ■技術革新  共創のススメ


仕事デザイン道場   機能発想による開発  ■技術資料室  ■代表者プロフィール  ■活動ネットワーク
    


製品機能に、「お客の使い勝手を良くする特性を与える」ことにより、顧客満足を予め積み込むことができます。
製品に「ひと味の味付け」を施すことより、顧客満足を実現できます。
使い勝手の進化」と「顧客の進化への貢献」にもつながります。

1)製品が使われる現場を知り
2)機能による開発を用い
3)機能特性を計測可能にする
などが、製品革新・開発の成功の鍵(Key For Success)となります。

機能を計測を可能にすることは「独創的な開発」にもつながります。
また、機能の計測評価で得た「効果のデータ」を顧客へ提示することにより、「製品の導入効果」をアピールすることができます


  お客が欲しがる製品を創るよりも、お客の期待に応える製品機能を提案することが大切になります。

 「使い勝手の進化」と「顧客の進化」を提案することにより、顧客の満足と信頼が高まります。





RDI流「技術の三方よし」の開発・・・



    ページ先頭へ戻る→    トップページへ戻る→